リュウジです。超気まぐれで書いてます。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

BATTLES / A Take Away Show

Battles | Wall Street | A Take Away Show from La Blogotheque on Vimeo.

すげぇかっこいい。。フジロック楽しみ〜。
ゴミは分別して出しましょう。

Robbery (Social ecological ad) from Ruslan Fedotow on Vimeo.

地震
 3月11日に東日本を襲った東北地方太平洋沖地震。亡くなられた多くの方々のご冥福をお祈りするとともに、まだ安否不明の方々のひとりでも多くの命が救われることをお祈りします。そして、被災者の方々が一日でも早く安心して暮らせる日がくることを願います。


一度なんか色々と長く書いたけど、全部消した。皆気疲れしてるし皆心が弱ってるのは分かってる。元気づけられるような言葉は出てこない。皆頑張ってるし、皆助け合ってるし、皆徐々に笑顔や普段を取り戻そうとしているし。
被災地の方々を思うと本当に心苦しいけど、今僕にできることなんて皆と同じようなことしかできない。節電も募金も気遣いも全て本当に日本人全員が一丸となってやってる。本当に素晴らしい国に生まれた。僕は日本人で良かった。日本人に生んでくれた両親に感謝!!そして悪いけどやっぱり東京に残ります。ちゃんと真剣に考えました。親不孝ですんません。鹿児島にも友達はたくさんいるけど、今僕が生きている拠点はここ東京だから。それだけです。大丈夫です。なんとかなると思う。ダメだったら帰ります(笑)。


急遽19日に歌うことになりました。もう一生やらないと思ってた弾き語りやります。チャリティーライブなので入場無料です。だからと言って無理に来いなんてもちろん言いません。
ただ、今ミュージシャンとしてできることがこれしかないから歌います。
きっと久々すぎて下手だとは思うけど、死ぬ気で歌います。被災地だけでなく皆の心に届くように心から思いっきり歌います。CDも売ります。売上げ全額寄付します。レーベルの社長は今アメリカだから帰ってきたら怒られようと思います。
もちろん僕だけでなくたくさんのアーティストが出演します。
3月19日(土)吉祥寺Planet Kで19時(たぶん)からやってます。
新鮮で歯痒い。
BANDANALOG = 僕の一人活動は今月から始まっているはず!!

が、とりあえずまだ何にもできてないし、昨日家路に着いて思いついたメロディを
とりあえずMacに簡単に録音したくらいで、曲を発表するのは今月は難しいかなぁと。。
いや、言った(書いた)ことを実行したいのは山々なんだけど、クオリティーはちゃんと高い曲をやっぱり作りたいというのが当たり前で。バンドで実験してきた者としては0からの作業が限りなく孤独だし、限りなく幅広い。でもそれが今は本当に新鮮で少し歯痒い。

ギターやキーボードを使ってMacに向かうのは簡単だけど、偶然や狙いの音を探る
そういう音作りじゃなく、道を歩いて、空や家々や人を見て、ちょっとした今の憂いな
感じを持ちながら、本当の今の自分そのままの感情で曲作りをしようと心がけています。

僕が一番美しいと思える大好きなアーティストの曲を今日の帰り道にiPodで聴いてて
俄然やる気にはなったんだけど、何回もリピートしてそれを聴いてたら、もしかしたら
僕にもこんな曲が書けるかもしれないって思い込みが始まったので、今も今までやってたらもうこんな時間。。でも、この曲のメロの感情は贋作だな。。と。今夜はあきらめた。

つまりは何も考えずに作る。のが良いと思ってた今までを、これからは全て意味を
込めて作りたいってことと、自分の感情をありのままに曲にしたいってことで
もうちょっと時間をくださいな。ソロプロジェクトは始まってはいるけれど、なんとも
新鮮で歯痒いものです。
終わりと始まり。
 3月に入って、これまで生活の一部でもあり全てだったバンドに先月ピリオドを打ったわけですが、音楽をやめたわけではないし、やはり音楽をやらないでこれからも生きていくなんて僕にとっては難しいので、早速作曲活動を始めています。

バンドって本当に凄くて、一人のアイディアやちょっとしたフレーズを他のメンバーがどんなにも変化させていくし、音や曲の裏に見える情景も広がっていくから、僕はいつもその言わば奇跡を何度もスタジオで体験してきたから、これから一人でやっていくことにまだまだ不安もあるものなんです。バンドは音だけでなく、メンバーといた時間や環境の中でも様々なことがあったし、色んな出会いやライブで本当に個人的にも良い体験をしてきました。

だけど、今までやってきたバンドの音楽とは全然違う音楽をこれまでも好んで聴いてきたし、色んなアーティストのライブも体感しに行ってて、いつかこういう音楽をやりたいなぁという理想の音楽もあったりして、僕はただ単に純粋な音楽ファンとして聴きたい音楽、やりたい音楽は本当にたくさんあって、今までバンドでは表現できなかったところ(僕個人の自己満足な部分)も含め、売れる売れないじゃなく自分がやりたいことをそのままやるってのが今後の曲作りの中で一番大きいと思います。ライブもやりたいとは思っているけど、今のところは楽曲の制作活動に力を入れていこうと思っています。

これまでバンド(the powerful banana)の音楽を好きになってくれた方で、新しい僕一人の音楽を受け入れられないって人もきっといるとは思うけど、それでも僕は自分の音楽を今後はやりきっていきたいと思っています。
まだいつになるか分からないけど、BANDANALOGのオフィシャルページでどんどん披露していくので、一度だけでもいいから是非聴いてもらえると嬉しいです。

あらためて BANDANALOG 始まります。
Thanks For All!!
  3人で最後のライブが終わって気づけば5日が経っていた。
アッと言う間に2月18日という日が来て、アッと言う間にイベントが終わって
アッと言う間に5日も経っていた。
5日目にしてやっと実感が湧いてきて、アッと言う間の14年だったなと
そして長い14年だったなと心底思った。6日目の今日になってやっとこうやって
ブログを書こうと思ったので書きます。長いので時間がある時にでも。


遅ればせながら最後の僕らのイベント「DOVECHEMUSICA vol.11」に来てくれた皆さん本当にありがとうございました!!
鹿児島、福岡、大阪、名古屋、富山、関東圏遠方からとわざわざ僕らの最後のライブを見に来てくれた方もいて本当に有り難く思ってます。
個人的に身内の不幸とかあって、僕からは全然声をかけてなかったにも関わらず
サプライズに本当にたくさんの友人達が来てくれたことに心から感謝しています。
会場には来れなくても、当日メールや手紙、贈り物をしてくれた方々にも本当に感謝しています。どうかこの気持ちがライブが見れなかったとしても届いているよう願っています。
ライブのことはもうほとんど覚えてないけど、良いライブだったよと皆言ってくれてたのでそれを鵜呑みにします(笑)。やりきりたかったから全然声も後半出なかったし、腕も上がらないくらいギターを弾いてたから、今の現在でさえ首や腰、足や腕が痛いくらいだけど、あまりにも楽しかったからきっと伝わっていると思います(笑)。
本当に素晴らしい時間をありがとうございました。


イベントに出演してくれた、カーディガン、FOOL&SCISSORS、本当にありがとう。
カーディガンは前身バンドのモーニングフェイセス結成時からもう数えきれないくらい
一緒にライブをしてきた戦友的な存在だった。それでいてライバルのような。
他にこんなふうに思えるバンドはいないかもな。本当にありがとう。
FOOL&SCISSORSは鹿児島の頃からずっとお世話してきた(笑)後輩バンドだけど
鹿児島にいる頃からずっと僕が一番影響を受けてきたバンドであり仲間だった。
最後の最後まで僕らをやっつけようとしてくれてありがとう。

そして、最後までワガママを聞いてくれたPlanet Kのスタッフの皆本当にありがとう。
上京して初めてライブをしたのがPlanet Kで、初めてイベントをしたのもここで
初めてワンマンをしたのもここで、けっきょく何でも初めてはここでしたかったし
ここでできなかったら他でもしなかっただろうし、本当にずっとワガママを通させて
くれたマイホームだった。本当にお世話になりました。
これからは個人的にお世話になりますが、またワガママ言わせてください。


本当に素晴らしいバンド生活だった。本当に楽しかった。
僕らが上京して10年目の去年の春に、この終わりへの予兆はすでにあったわけで
下北沢のCLUB Queでのワンマン後、なんだかこれまでとは違う雰囲気が漂ってたなって。
たぶんメンバーの二人も何かしらは感じていたんじゃないかと思うけど、去年のツアー後に帰りの車の中でドラムのハルとちょっとだけ交わした近い将来の話から、きっかけの元になったベースの東の発言まで、僕らはまるで兄弟のように長く一緒にいたから同じ時期に同じようなことを思ったんだなと。あらためて3人の繋がりがあってのこのバンドだったなって思った。
時にはすごく憎たらしくて、時にはなんで?ってくらい愛情を感じて、僕はこのメンバーとずっとやってこれて本当に幸せだったなと。
僕は気分屋だし、すげぇワガママだし、すぐ怒るから、よくこんなVoとずっと一緒にやれるなっていつも思ってた。一度そんな俺を見限ったことも10年前にはあったけど(笑)結局戻ってきてくれて、東は黙って、ハルは文句を言いつつも僕のワガママをたくさん聞いてくれた。
二人にも本当に心から感謝しているよ。今まで本当にありがとう。
きっとこれから皆それぞれ色んな道へ別れていくけど、友人バンドのライブや冠婚葬祭的なイベントは一緒だろうから(笑)これからもまたよろしく。



これからは、これからのことを考えなきゃですが、僕は個人的に同じレーベルのバンドのスタッフもやっているのでそれをやりながら、自分のやりたい音楽の制作活動に専念していこうと思ってます。なので、活動休止はライブで制作活動はずっとやっていきます。
BANDANALOGは僕のソロプロジェクトになるので、ライブがいつできるかは分からないですが、様々なことを実験しながら、新しいことをやっていきます。
ライブで可能なことはやりたいと思っていますが、何せ14年もバンドをやっていたので一人でどこまでできるかは分かりませんが、ただ言えるのは「良い音楽」ってのを作っていこうという精神はこれまでと変わりはありませんので、これからもよろしくお願いします!!


最後まで読んでくれてありがとう。
BANDANALOG / the powerful bananaのVo&Gtリュウジでした。

こんな夢を見ました。
ツイッターにもちょっと書いたけど、詳しく自分用におさらい(夢は忘れるものなので。)


自宅で寝てるとピンポーンと誰か来た。玄関に行くと宅配便業者のお兄さん。
ここはリアルにサインして荷物を受け取ってと夢でなくてもよくあるとこ。
そんで部屋に荷物を持っていき開けると「時限爆弾」登場!!
うわぁー!!ってなったかどうかは忘れたが、とりあえず所謂とこのダイナマイトが
数本巻き付いてて時計ではなく今っぽくiPhoneがくっついてる。
で、iPhoneのまず数字認証パスワードを解かなくてはならなくなり
とりあえず自分の誕生日を入れるがブッブー(> <)
で、なぜそこでその番号を思いついたか「0930(オクサマ)」と入れると解除(^o^)
ちなみに0930って鹿児島出身のフォークデュオがいたの知ってます?
一時期お昼のいいとものレギュラーだったりしたあの0930。
で、解除したらさぁ大変!!そこで初めて時限爆弾起動!!
うそ!!ってなったかは覚えてないけど、とりあえずパスワード解除したら起動って。。
とりあえず後30秒しかないってことになって変なアプリが起動。
ここはベタに赤・青・黄の線が縦に並んでどれかを触ると切れるっていう解除アプリ。
残り25,24,23秒ってなってく中でとりあえず自分の好きな赤を切ろうと思うが
好きな色でいいの?そこは逆にって感じで気づいたら赤の線を切ってて
すると「OK!!Numbers Return!!」って文字が!?
そしたら今度はカウントが逆になってく!?夢なんではっきり理解はできないけど
次は100になったらアウトってことを何故か知ってて、またうそ!?ってなったかは
覚えてないけど、とりあえず残りは青・黄のどちらか。。
で、どちらかというと青の方が好きなので「えーいままよ!!」ってことで
青の線を切ると「Congratulations!!」って文字でようやく解除!!
良かった〜ってなったのは覚えてるけど、するとそのiPhoneから着信!!
誰?ってなってもしもしって出ると「おぉやったな。おめでとう。」と
テンション低めの親父の声。「オヤジ!?何?何なの?」って僕。
すると僕の親父はこう言いました。
「もうすぐバレンタインデーでお前は今年は一個ももらえないだろうからと
チョコを送ってやったとよ。その爆弾はダイナマイトじゃなくてチョコレートやっど。」
で、ダイナマイト風の爆弾の紙をやぶくとかなりたっぷりめなチョコレートがお出まし。
その後はもう全然覚えてないというか、そこで目が覚めた。


という夢を見ましたとさ。
ダイナマイト型のチョコレートお待ちしてます。

The motorcycle is a romance.
天気いいなぁ〜。バイク乗ってどっかいきたいなぁ〜。
って今バイク無いけど…。

MUSIC VIDEO RIDING SEPTEMBER from Hush on Vimeo.

Sampled Room
こちらは日常の中にあるものをサンプリングした曲のMV。
マイクが58なのが気になるが、パンティー(しかもTバック)がちょっとオシャレ(じゃない?)
ちょっと昔に僕も一時期サンプリングマシーンにはまって色々やったけど、すぐに飽きた。。
今だったらもうちょっと長めに遊びそうだけど。またいつその時期が来ることやら。。

Sampled Room from Mateusz Zdziebko on Vimeo.

The Limousines / Very Busy People
フルヴィジョンで見るとまるで自分のMacのデスクトップ上で動いているみたいになる。
Macとデザイン系ソフトのテクノロジー満載のMV。時代だなぁと。
自分のMacもこのぐらいサクサク動いたらいいのに(笑)


THE LIMOUSINES from Mathieu Wothke on Vimeo.